客人日記

どんどんたのしい

Nikomat FTnと鶴見緑地

5月28日、阪神百貨店が新館への移転の為、閉館した。

これを機に、8階のカメラ修理、江守商店が看板を降ろした。

江守さんには、10年ほど前にお爺さんに貰ったNikon FEを修理してもらってから、色々とお世話になった。そして、愛機Nikon S4を購入した。この折にスナップ撮影を始めて、鉄道写真をやめて以来6年ほどぶりに、再びカメラを触るようになった。

閉店までにと、27日日曜日の昼、江守商店を訪れた。挨拶だけのつもりだったのだが、モルト交換などの整備済みNikomat FTnが3割引だったので買ってしまった。

f:id:penpengrass:20180601232806j:plain

挨拶を済ませた後、そのまま試写がてら鶴見緑地へ向かった。電車の中で、ストラップを付けて、Tri-X400を詰めた。



着いた時にはもう15時頃で、日はやや傾きかけていた。

とりあえず、色々な庭園のある区画へ向かった。


中国風の建物。

タワーと波々の壁。中には入れなかった。

カメラはNikon FEに持ち替えた、レンズはAi 50mm f1.8s。

ピント面はカリッと、ボケは素直な印象。パンケーキレンズで携帯性が良い。ニッコールらしく、無理のない、スマートな写り。安心。絞り優先オートの恩恵に預かり、パチパチ撮っていく。

徘徊していると、コスプレの人を多く見かけた。何のコスプレかは分からなかった。モデルさん?のポートレートを撮ってる人や、デジタルカメラを首から下げて歩いている人も結構見かけた。都会からもアクセスいいし、良い撮影スポットなのかも。


伝説の霊剣とか手に入りそうな場所。確かエジプトの庭園だったかな。花壇は綺麗に整備されているのに、ここは良い感じに手入れがなされていなかった。


もう、だいぶ傾いてきた日。Pro400hだからまだいける。ここは、カリフォルニアだったかな。



紫陽花が咲いていた。お兄さんがキヤノンデジタル一眼レフを向けているそばで、スプリットでピントを合わせて、シャッターを切っては巻き上げ。優雅さを醸した。


これは椿かな?いいボケ。ナチュラルな発色のPro400hと相まって優しい感じ。


公園でよく見るこの白い花。なんなんだろう。


大池の周りにも色々植えてあった。ラベンダーと、奥はローズマリーかな。あまり香りはしなかった。大池のぐるりを歩いていると、木陰に大層美しい紫陽花を見かけたけれど、コスプレの人が撮影をしてて、声かけて紫陽花の写真撮らせてもらう勇気のないチキンな私は、ちょっと離れたところに、紫陽花を見つけた。


若葉の色もまた美しかったので、オーバーめに。このカットでフィルムが無くなったので、ぼちぼち帰る仕度。と言いながら、FTnで帰る道々撮って歩いた。撮り切ったけど、現像に出すのが面倒で、防湿庫でしばし寝かせておく。

未現像のフィルムが10本ほど溜まってきた。先月、今月とレンズ買ったりしてお金がないので、現像を控えていたら、現像に出すことすら億劫になってしまった。たまにどこかで写真を撮った帰りに現像出すけど、撮る本数もそれなりなので、溜まっていく。ぼちぼち出していくかな。