客人日記

どんどんたのしい

Nikkor 105mm f2.5


f:id:penpengrass:20180603004322j:image

 

愛用しているレンズがある。

Sマウントニッコールの10.5cm f2.5である。

あまりクセやいやらしさのない、すっきりとした描写と、柔らかいボケ味が好きで、よく持ち歩いている。

ちなみに上の写真について、盗作のそしりは免れ得ないと思っている笑



f:id:penpengrass:20180603004510j:image

 

ゴツくて重いのが難点だが、それでも持ち歩きたいレンズ。

私はあまり外付けファインダーは見ない。なんとなくかっこいいので付けたりはするが、等倍ファインダーの利点を活かして、両眼でブライトフレームを見ながら撮影することが多い。


f:id:penpengrass:20180603004904j:image

 


f:id:penpengrass:20180603005000j:image

 

滲むような、甘いボケからすうっと被写体が浮かび上がってくる感じがたまらなく好きだ。ぐるぐるボケはあまり好きじゃない。

この間、梅田の八百富写真機店でFマウントの105mm f2.5を見かけて、試してみたくなったので、買ってみた。


f:id:penpengrass:20180603005449j:image

 

Ai-sでない、初期のほうらしい。組み込み式のフードの付いていないほうである。

Sマウントのものと同じく、すっきりとした優しい描写であるように感じた。

レンズ構成は、Sマウントのものと変わっているらしいが、描写はほぼ同じように感じた。


f:id:penpengrass:20180603005847j:image

 

前ボケより後ボケのほうが綺麗に思う。

 それにしても縦アングルばかりである。



f:id:penpengrass:20180603010443j:image

 Sマウントのほうはヘリコイドが重いので、そろそろ調整に出したほうがいいかもしれない。