客人日記

どんどんたのしい

コンテッサと日常

防湿庫に眠っていた未現像フィルムを2本現像してきた。

どうやらコンテッサとS4で撮ったくろんど園地や、日常のスナップらしい。それぞれフジ100とPro400Hだった。

ピント不良の連絡票はもうお約束。

 

まずはコンテッサから。


f:id:penpengrass:20180612231613j:image

 

適度なコントラストと解像感。青が綺麗に思う。ちょっと硬い印象。冷たく感じる。


f:id:penpengrass:20180612231809j:image

 

テッサーってすごく優秀なレンズなんだなって思う。カリッとしてる。ちなみにフードは無いので使っていない。こんなに写ってるとは思ってなかった。


f:id:penpengrass:20180612231938j:image

 

ほぼ最短でこの描写。ちょっとぐるぐるボケてるし周辺光量落ちが出てる気がするけど、かえって良い。

この猫、目を怪我したようで、あまり見えてなさそうだった。耳も欠けてるし、ちょっと痛々しい。でも、気持ち良さそうに日向ぼっこしてた。束の間の心安らぐひとときだったのだろうか。


f:id:penpengrass:20180612232534j:image

 

つい撮りたくなってしまう、こういうの。そして、連絡票が入る。

 


f:id:penpengrass:20180612232705j:image

 

刮目せよ。フードなしでこれだけ写る。Tコーティングのおかげか。

たしかコンテッサも45mmだったと思う。使い易い。

ライツのレンズを使ったことがないのでなんとも言えないが、ツアイスのレンズの方が好きな気がする。


f:id:penpengrass:20180612233521j:image

 

今年の桜はあっという間に散ってしまった。若葉が茂って、梅雨を待っている。色褪せた標識は、いつでもここでみんなを見てる。誰かが何かぶつけたのか、へこんでいる。

私は標識が好きだ。特に丸いやつ。気付いたら標識ばかり撮っている。


f:id:penpengrass:20180612233905j:image

 

ふと見上げるとだいたい標識が目に入る。標識マニアではないんだけど、標識ばかり撮る。


f:id:penpengrass:20180612234137j:image

 

蔓系の植物もなんだか好き。生命力を感じるからかな。夕陽に照らされて綺麗だった。


f:id:penpengrass:20180612234407j:image

 

たぶん、くろんど園地の入り口らへん。とても暑い日だった。

 

S4で撮った方はまた次にしようと思う。

 


f:id:penpengrass:20180612234625j:image

 

 ツアイスのカメラってなんだか素敵。よく写るのはもちろん、精密感とか、仕上げの丁寧さとか、ドレイカイルの距離計とか、所有欲を満たすいろんな条件が揃ってる。

とにかく使うのに全くストレスを感じなかった。畳むとかなりコンパクトだし、気持ち程度だけど、露出計も付いてる。

素敵なカメラだよなあ。