客人日記

どんどんたのしい

日常

今度はFP4で撮った日常のスナップを御紹介させて頂こう。


f:id:penpengrass:20180619122223j:image


f:id:penpengrass:20180619124208j:image

 

10.5cm f2.5を多用した覚えがある。

紫陽花の季節。見えにくいが、葉を雫が濡らしている。小雨が降った日だったと思う。


f:id:penpengrass:20180619122432j:image

 

 電話ボックスってやっぱり味がある。なんか好き。


f:id:penpengrass:20180619122527j:image

 

降り出した雨。折り畳み傘を取り出す人を多く見かけた。


f:id:penpengrass:20180619122617j:image

 

傘には憂いを感じる。何千年と変わらず降る雨に対して、人間は未だこのような術しか持たない。人間とは意外に無力なものだ。


f:id:penpengrass:20180619122839j:image

 

少し開いた扉。忙しない朝。


f:id:penpengrass:20180619122942j:image

 

晴れた日は影が出て、それだけでいい雰囲気が出る。


f:id:penpengrass:20180619123051j:image

 

雨に濡れた金属製のボックス。反射したマンションにピントを合わせたつもりだが、合ってるのか合ってないのか、わからない。


f:id:penpengrass:20180619123215j:image

 

中望遠で見る風景はどこか曖昧で、でもその場の雰囲気をうまく切り取ってくれる。

私は中望遠が好きだ。


f:id:penpengrass:20180624074722j:image

 

マンホールの蓋。まるい。


f:id:penpengrass:20180624074931j:image

 

まるいもの。

まるいものは良い。まるいものばかり撮ってしまう。神様がいるとしたら、きっとまるい。