客人日記

どんどんたのしい

雨の日 Velvia 100

先週は途轍もない雨が降った。

降れども降れども止まぬ雨に恐怖すら覚え、各地で起こった土砂災害などのニュースが入る度、自然の猛威にただうち震えた。

 

そんなことすら露知らぬ、入梅の頃のVelvia100が返ってきた。

 
f:id:penpengrass:20180708201113j:image

 

少し早起きして、通勤途中の大きな交差点に写真を撮りに出掛けた。

まだツツジの花がいくらかあったようだ。


f:id:penpengrass:20180708201332j:image

 

ひたすら水たまりの反射を探す。


f:id:penpengrass:20180708201434j:image

 

交差点に着いた。電器屋の軒で、雨を避けながら撮る。


f:id:penpengrass:20180708201549j:image

 

ここではずっと10.5cm f2.5を使った。


f:id:penpengrass:20180708201638j:image

 

質感や立体感が良いレンズだと思う。ライカ欲しいけど、ぶっちゃけ要らないな、なんて思うくらい綺麗に写ってる。


f:id:penpengrass:20180708201859j:image

 

ただヘリコイドがちょっと重い。そろそろオーバーホールに出さないといけないのかな。


f:id:penpengrass:20180708202019j:image

 

 カバン、濡れまっせ。


f:id:penpengrass:20180708202253j:image

 

折り畳みでは少し心許ない。


f:id:penpengrass:20180708202341j:image

 

哀れなビニール傘。もう、なんの役にも立てない。ただ朽ちてゆくのみ。


f:id:penpengrass:20180708202546j:image

 

生暖かい雨が降る。


f:id:penpengrass:20180708202759j:image

 

傘を差さない人もいる。確かに合羽は両手が空くし便利。蒸し暑いけど。


f:id:penpengrass:20180708202651j:image

 

15分ほど撮って、そのまま出社した。