客人日記

どんどんたのしい

チン電 Nikomat FTN Ektachrome その5

松虫駅からまた列車に乗つて、住吉へ向かふ。


f:id:penpengrass:20181116174137j:image

 

風も、少し冷たさを感じるくらひになつた。


f:id:penpengrass:20181116174408j:image

 

住吉に着いた。ここから新今宮駅へ行く為に、ゑびす町行きを待つ。


f:id:penpengrass:20181116174538j:image

 

しかし、待てど暮らせど来るのは天王寺駅前行きばかり。


f:id:penpengrass:20181116174726j:image

 

もう諦めやうかと思つた頃に、ゑびす町行きが来た。


f:id:penpengrass:20181116174927j:image

 

新今宮駅に着いた時には、もうまつ暗だつた。シャッタースピードは1/15。脇を閉めて、息を止めて。


f:id:penpengrass:20181116175115j:image

 

明るいところ、暗いところ。

ガード下を越へたところに、踏切を照らす灯がぼう、と浮かんでゐた。レールの冷たい光がただまつ直ぐに、遠くへと続いてゐた。