客人日記

どんどんたのしい

私がフィルムカメラで写真を撮る理由

たまにはこういう読み物もいいだろうと思って書いてみる。決してネタ切れなどではない。......ない。


f:id:penpengrass:20190115205617j:image

 

私は未だに古いフィルムカメラで写真を撮っている。それはなにか強い拘りがあったりする訳じゃなくて、私にとって自由だからである。


f:id:penpengrass:20190115210238j:image

 

正直なところ、いわゆるオールドレンズなどは破綻が多い。現代の成熟した技術によって作られたレンズやカメラとは、比肩のしようがない。


f:id:penpengrass:20190115205938j:image

 

だが、現代のカメラ、レンズ群には画一化された印象をもつ。如何なる状況下でも良好な描写が得られ、MTF曲線も見事である。カメラ、レンズメーカー各社は一体どこで勝負をしているのか、見当もつかない。私の鈍い感性では、差が見えない。


f:id:penpengrass:20190115205912j:image

 

その点で、オールドレンズ群は破綻が武器になるのだ。ジミヘンのフィードバック奏法のように、意図するともしないとも破綻が表現の一環として機能するのである。


f:id:penpengrass:20190115210005j:image

 

その上、条件さえ整えばオールドレンズでも充分良い描写をする。

フィルム選びではセンスを問われるし、被写体も選ばなくちゃならない。フィルムが変われば描写は全く変わる。

そのあたりのコントロールが、私は腕、技術だと思っている。

被写界深度の選択から、Velvia50なら1/3段アンダーで被写体の質感とボケを意識して、PANFなら2/3段オーバーで焼きのシャドウをイメージして、CineStilなら1/3段オーバーで色味を活かして撮ろうとか。


f:id:penpengrass:20190115210050j:image

 

時々、思っていたより遥かに良い写真が撮れていることがある。何もかも思い通りより、そんな写真のほうが楽しいじゃないか。その逆もあるけど。


f:id:penpengrass:20190115210822j:image

 

な、なんじゃこりゃー。

オールドレンズはクセがーとかフィーリングがーとか質感がーとか、挙げだすとキリが無いくらいフィルムで撮る理由はあるけれど、やっぱり決定的な理由としては、表現の幅の広さだと思っている。


f:id:penpengrass:20190115211336j:image

 

私にとってフィルムカメラは、もっとも自由の効く絵筆なのだ。

でも、条件を選ばないカメラっていうのも憧れるよね。どんな状況でも撮れるんだもの。


f:id:penpengrass:20190115211729j:image

 

コンデジでもこれだけ写る。

だからデジタルに対する偏見はないし、むしろ使いこなしたい。そのうち、私に合うデジタルカメラも見つかるかもしれない。

レンズは出来ればゾナーがいいな。


f:id:penpengrass:20190115211920j:image

 

でもまあ、今はS4とM3を始め、フィルムカメラたちと、コンデジでいいや。

1ショット1ショット、大事にしていきたいしね。

さて、今週末は何処へ行こうかな。