客人日記

どんどんたのしい

比叡山坂本 Nikon S4 その3

ちょっと無理を感じ始めたので、普通の文体に戻そう。

一緒に撮影させて頂いた、giiさんのブログはこちらから。

https://gii.theblog.me


f:id:penpengrass:20190216224742j:image

 

雪のちらつく中、なんと陽が差した。薄く濡れ、雪の残る石段が鮮やかに輝き、撮ってくれと言わんばかりであった。

このカットをライトボックスで見たとき、私は林忠彦の生まれ変わりかもしれん、なんて思ってしまった。

 

それはそうと、Alpenflexで撮った写真を掲載し忘れていたので2枚、載せておく。


f:id:penpengrass:20190216225622j:image

 

5.6まで絞ったけど、フレアでほわほわ。


f:id:penpengrass:20190216225709j:image

 

これは完全にオーバー。失敗やんけ、と思って放っておいたが、よく見てみるとなんだか良い空気感があるなー、なんて思ったり。

病みつきになりそうなフレア感。

 

さて、石段を撮り終え、AlpenflexにProvia100Fを詰めていると、いつの間にか辺りは吹雪になっていた。

と、giiさんが私を呼ぶ。「今やで!」


f:id:penpengrass:20190216225116j:image

 

おお、危ない。良いシャッターチャンスを逃すところだった。giiさん、ありがとうございました。


f:id:penpengrass:20190216231011j:image

 

やっぱり3.5cm f2.5、リバーサルだと周辺光量落ちが目立つ。ひょっとしてフードでケラレてる?そんなわけないか。

でも、周辺光量落ちで、かえって良い雰囲気になった気がする。