客人日記

どんどんたのしい

変はらないといふこと

こんな偏屈でアホでまるで駄目な私にも、愛して呉れた人がゐた。

その人は今違う誰かと愛し合ひ、幸せに暮らしてゐる。

人の心つていふのは分からないもんだ。

時が経てばどんどん変はつてゆく。人も町も、世の中も。

変はつていつて、いいこともたくさんある。

だけど、変わらなくていいものだつてあるはずだ。

私のやうに何時までも時間に取り残されてゐる奴だつてゐる。

私は今でもその人を愛してゐる。きつとこれからもずつと。否、絶対に。

 

私はこの世界でただ一人を愛し続ける。

何をする訳でも無いが、好きな誰かをずつと想ひ続ける。

どれだけ時間が経たうと、何が変はらうと、たとへこの命が絶へやうと。

 

かうやつて思へることも、私にとつてこの上ない幸せなのだ。この気持ちを大切に守つてゆきたい。

 

世の中これだけ沢山の人がゐるんだ。こんな奴が一人くらひゐたつていいだろ?なあ。世界。

 


f:id:penpengrass:20190612235353j:image