客人日記

どんどんたのしい

高野山 その4

giiさんとゆく冬の高野山

本当にキリが無いのでここまで。

giiさんのブログはこちらから。

https://profile.ameba.jp/ameba/giiphoto

 


f:id:penpengrass:20200111214556j:image

 

緑青は素晴らしい。

鉄でもなんでもそうだけど、錆びというものに心惹かれる。


f:id:penpengrass:20200111214939j:image

 

とぷこんちゃんこれはがんばった!

ほんとはもっとアンダーめにしたかったけど。


f:id:penpengrass:20200111215225j:image

 

風が冷たくなってきた。

いつの間にやら日没が近付いている。


f:id:penpengrass:20200111215506j:image

 

柔らかい影。あー素晴らしいですね。

光と影は、自然がもたらす至高のアートだと思う。


f:id:penpengrass:20200111215659j:image

 

長い長い時を経て、じっと佇む壁や扉に影は落ちる。


f:id:penpengrass:20200111220121j:image

 

何百年前も同じように、ここに光と影があったのだろう。

それを見て、幾人かの人は私と同じことを思ったに違いない。


f:id:penpengrass:20200111220606j:image

 

ああ、なんて美しいんだろう。

この美しさはきっと、何百年先も変わらない、永遠の美なのだろう。と。