客人日記

どんどんたのしい

具象、禅、調和

写真とは禅である。


f:id:penpengrass:20200123124134j:image

 

禅とは全である。

個が個であることを超越し、全てを可能とする。


f:id:penpengrass:20200123144837j:image

 

論理はもはや何をも為さない。


f:id:penpengrass:20200123145004j:image

 

具象を超えた具象に、私は全てを見る。


f:id:penpengrass:20200124102852j:image

 

私はファインダーの向こうに、見たいものを何でも見ることができる。


f:id:penpengrass:20200123194008j:image

 

調和である。


f:id:penpengrass:20200123194110j:image

 

極限までたわめられた力の拮抗が一閃したとき、成就される。


f:id:penpengrass:20200123195157j:image

 

調和の僅かな揺らぎ。

その先にはただ漠然と混沌があるのみである。