客人日記

どんどんたのしい

試写 ベルクハイル

ベルクハイルの試写をした。

100年前のカメラとレンズ、美品だがどう見ても遮光に不安があるロールホルダー、フィルム(乾板)感度10とか25の時代の代物なので、はっきり言ってあまり期待はしていなかった。


f:id:penpengrass:20200517205224j:image

 

しかし、なんということか。これがよく写っているのである。

自分の目測距離計の精度にも少し驚いた。


f:id:penpengrass:20200517205328j:image

 

やはり少し光線カブリがある。引き蓋周りだろう。

使ったフィルムが感度400のXP2だったのでその辺は余計にシビアだったのかもしれない。


f:id:penpengrass:20200517211613j:image

 

思いのほか、1/100や1/50で手ブレしている。慣れないカメラで、ショートレリーズを付けているからだろうか。持ち方は検討の余地あり。サイズの合うフードを探す必要もあるな。


f:id:penpengrass:20200517212901j:image

 

町中や観光地なんかでハッセルやライカニコンなんかのフィルム機は度々見かけるけど、大判やこのテのカメラは今まで見たことがない。


f:id:penpengrass:20200517215452j:image

 

聞くところによると、結構愛好家は居るらしい。本当かなぁ。


f:id:penpengrass:20200517215624j:image

 

VPKとか欲しくなってきちゃった今日この頃。